“企業が世の中に広めたい商品やサービスについてその営業活動を引き受けるのが営業代行業者であり、近年の企業の効率化の流れの中で際立って利用されるケースが増えてきています。その背景には営業代行業者の数が増えると共に、そのサービスの種類や特徴様々な形で現れてきているからです。
もともとはテレマーケティングや訪問営業等の営業活動、あるいは広告の作成のような広報活動を代行することを中心として行っていた営業代行業者が多かったものの、マーケティング戦略が多様化してきた今日においては新しい考え方が導入されるようになってきています。インターネットサイトを用いたインターネットマーケティングやアプリ開発を行う営業活動などマーケティングに用いられるインフラが多様化してきています。
また、営業代行の行われる種類として、依頼そのものには費用が発生せず、売上げに比例して報酬を支払う成功報酬型を採用する業者も登場しています。それだけ自社の営業に自信がなければならず、期待が高いものとして重宝される傾向にあります。
一方、自社ではマーケティングは行わず、企業の営業担当の教育や営業方針の相談にのるコンサルタント事業を展開質得る場合もあります。既に営業課がある企業においてはこういった業者にマーケティング戦略について指導を受けたり、実際に販売経路について具体的な相談を行ったりすることができるものとして有用性が高い営業代行業者となっています。
営業代行の世界はまさに発展途上にあり、これからもニーズに合わせて様々な種類の業者が登場してくるでしょう。”