営業代行はこうやって活用する

“営業代行は仕事の獲得にとても便利な方法です。フリーランスを営んでいる際には特に顕著にその活用が生活も仕事も楽なものにしてくれます。全てに余裕が生まれるからです。
フリーランスで行わなければならないのは、仕事の獲得と遂行です。より多くの報酬をもらって稼いでいくためには、1つ1つの仕事の単価を上げることと、仕事の数をこなすことが必要になります。より仕事の数をこなせるようになるためにはできるだけ多くの時間を請け負った仕事に費やさなければなりません。そのため、多数ある仕事の中から自分にとって適切なものを探し出し、契約を結ぶために企業に出向いて賃金や仕事内容の交渉を行うというプロセスをできるだけ省かなければなりません。これを営業代行に依頼することによって一挙に担ってもらうことが可能になるのです。
特に近年ではビジネスマッチングが広まってきていることから、営業代行業者にフリーの働き手として登録しておくことによって仕事を獲得することもできます。こちらからはたらきかけなくても、企業側が必要としているスキルをもった人材と判断されるとその仕事を紹介してもらえるようになるからです。こういったビジネスマッチングによる営業代行も活用すると、非公開案件も請け負える可能性が高まり、飛躍的に仕事量を増やせるのです。こういった手法は営業代行のエージェントにはたらきかける時間すら省くことが可能であり、仕事に使える時間や余暇が大幅に広げられる活用法なのです。”

新規事業に大切な営業代行

新商品や新サービスを販売をともなう新規事業に営業はとても大切です。しかしこの営業に頭を悩ませている企業も数多くあるのではないでしょうか。「既存顧客だけでは将来先細りになってしまう」、「社内で優秀な営業パーソンがなかなか育たない」、「新規営業をだれもやりたがらない」、「経験豊富な営業パーソンを雇う余裕がない」など企業ごとの悩みは様々です。その様な状況の時は営業代行を検討してみるのも一つの手です。営業代行は営業に特化したアウトソーシングで新規事業の営業を展開する上の選択肢としても有力です。営業代行のメリットは様々です。まずは必要な人数、期間だけ協力してもらえますので自社で営業パーソンを雇ったり、育てたりするためのコストを大幅に削減できる可能性があります。またアウトソーシングする営業内容も決めることができます。例えば現場のクロージング担当の人材には困ってはないけど、アポインターの定着率が悪く、十分なアポイントを獲得ができていない企業の場合には営業代行を利用してアポインターだけを強化することもできますし、その逆の場合も同様です。また新規事業の市場リサーチも兼ねた営業活動が必要になった時も期間限定で協力を仰ぐこともできます。依頼する人数や時間により料金が定額なところもあれば、営業の成果によりその料金が変わる成果報酬のシステムを採用している会社もありますのでそれぞれのニーズに合わせて導入することができます。

営業代行は忙しい経営者の味方

“営業代行とは企業の営業活動をサポートする目的でできたもので、忙しい経営者にとってはとても心強い味方です。
この営業代行を利用する目的はいろいろありますが、一例を挙げると次のような点ではないでしょうか。
①自社に適任の担当者がいなくても、素早く要員が調達できる。
②営業マン不足で躊躇っていた商材の拡大にも、営業代行を活用すれば、すぐ実現できる。
③アウトソーシングなので、自社で営業マンを雇うより人件費を節約できる。
④事業縮小のときでも、自社の人員の整理をしなくていい。
⑤教育を施さなくてもいい。

これらは一例に過ぎず、メリットはまだまだあります。
でもメリットがあればデメリットがあるのは世の常です。
そうしたデメリットは次のような点です。
①機密情報漏洩の恐れがある。
②責任感が希薄になりがち。
③経営側と情報共有が難しい。
④指示や命令が困難になる。

こうしたデメリットがありますが、でもこれらはすべて想定内のもので、デメリットを考えても、決してメリットを上回るものではありません。したがって営業代行を採りいれる価値はじゅうぶんあります。

企業を繁栄させるためには、事業の拡大を目論むのは当然のことです。
でも、失敗を考えたら、なるべく身軽でいなければいけません。
それを実現してくれるのが、負担の少ない営業代行の採用なのです。

いま、営業代行が注目されているのは、時代の流れと言っても過言ではないでしょう。
何ごとも「百聞は一見にしかず」です。一度、試してみてはいかがですか。